トップページにも書いていますが、僕のVISIONは愛のあふれた世界で人と人とが争わない恒久な平和を目指すこと。

これは僕の久平という名前の由来にもなっていて、使命そのものだと思っています。

そしてそのVISIONに向かって立ち上げた屋号がshizuq(しずく)です。

その由来はちょっと厨二病のような話になりますが、、笑

北欧神話でユグドラシルと呼ばれる世界樹が登場します。

3層に分かれて9つの世界と3つの魔法の泉が存在し、それらを支えるのがこの一本の大樹。

言ってみれば世界を繋ぐバランスの象徴と解釈できます。

名作RPGドラゴンクエストシリーズにも「世界樹の葉」や「世界樹の雫」というアイテム名でもその名が登場しますが、
そんな世界を繋ぐような効果を与えてくれるであろうをネーミングの起点としています。

また、今の仕事のイマジネーションの発端にもなっているワイン漫画「神の雫」にも感化され、
1本のワインを通じて人と人とのご縁が繋がっていったり、シーンを想起する自由で多様性あふれた表現に刺激を受けました。

そんなshizuqのMISSIONは、あらゆるシーンに寄り添い、多様な人々の幸福度に寄与すること。

特にという存在を通してそのMISSIONを果たしていきたいと思っています。

僕はなぜかこれまでの決して長くない人生の中でという存在に心が惹かれます。

・人の手によって昇華される飲み物
・大地からの贈り物である温泉
・人々の想いや精神が宿るサービス(水商売)
・川のせせらぎ、力強い滝、湧水の自然

僕は老子の言葉で「上善水の如し」という言葉が好きです。
(※このリンク先がとてもわかりやすくまとめてあるのでご参照ください)

・大河のようなゆったりとした気持ちである
・周りに恵みを与えながらも、決して誇らない
・岩をサッとよける水のように、誰とも争わない
・場所に合わせて柔軟に形を変える
・下へ下へと身を置き、謙虚に生きる
・いざとなれば岩をも動かす

このような水のように自然体で生きることを個として実践しながら、水を通してあらゆるシーンに寄り添いながら、
多様な人々の幸福度に寄与し、愛のあふれた世界で人と人とが争わない恒久な平和を目指します

具体的に何ができるのかなど、今までのポートフォリオをまとめたWORKSや事業内容のSERVICEをご参照ください。